フォト

TL

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今週はVoiceroid+です | トップページ | R-MIX届きました、が »

2012年3月13日 (火)

マニュアルはちゃんと読みましょう

いま制作中の曲なんですが、オケを重ねていくうちにCubase上でASIOタイム振り切ってノイズが入るようになってきました。6コアなのに限界こんなものなのかなー、やっぱりDDR2だとメモリ遅いのかなー、なんて思って、もういじらないだろうトラックをフリーズしようと思ったら、インスペクタに雪ボタンがありません。そうですね、MIDIトラックだからここじゃなくて HALionのアウトプット側・・・にもない?? どうやらVSTラックを使う場合はラック側にあるようです。ということは、トラックごとにフリーズできないってことになりますね。もしかしてラックじゃなくてインストトラックにしたほうが、同時に鳴らすと重いかもしれないけど個別にフリーズできるし、便利なのかな???

なーんて思っていたら、見つけました。HALionのオプションに使用コア数を設定するところが。ここをとりあえず4に上げてみたら、ASIOタイムが一気に少なくなりました。これならまだまだがんばれそうです。Cubase側はちゃんとマルチCPU設定をオンにしたのですが、こっち側にも設定があるとは思いませんでした。マニュアルもCubaseのは隅からすみまで読んでいますが、HALionのはDL版ということもあって目を通していませんでした。やっぱりちゃんと読まないといけないですね。

あ、ということは今までHALionくん、1コアで動いてたということですよね・・・それはそれで結構すごいかも。

« 今週はVoiceroid+です | トップページ | R-MIX届きました、が »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584751/54214025

この記事へのトラックバック一覧です: マニュアルはちゃんと読みましょう:

« 今週はVoiceroid+です | トップページ | R-MIX届きました、が »