フォト

TL

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« オリジナル2曲目です | トップページ | VOCALOIDのVELパラメータについて »

2012年5月28日 (月)

クリエイターとして

P友であり、自分の大切なファンの一人であり、強力なライバルでもある「ふにゃ」さんが、先ほど以下の動画を投稿されました。

ネタも交えながら、作詞について簡単に解説している動画です。この動画の中で、ふにゃさんはこうおっしゃっています。「自分の歌詞を大好きになること」「うぷ主は自分で作って自分の詩で泣きます。アホです」と。とんでもないです。自分も曲を作っていて、歌詞で泣き、メロディーで泣き、コード進行で泣き、ゆかりさんの歌声で泣きます。前にも似たようなこと書いた記憶があるのですが、自分が自信を持って好きだといえる作品だからこそ、自信をもって公開することができるはずです。仮にそれで受け入れられなかったとしても、その作品が好きなことには変わりなく、もっともっと好きになれる作品を作ろう、という気持ちになると思うんです。

Pの方々がたまに「がんばった作品なのに評価が低い」とぼやかれていることありますが、なんだかんだいって評価は評価と割り切っている方が多いように見受けられます。やっぱりみんな「自分の好き」が原動力になっているんだなーと感じますね。なので断言しちゃいます。「自分の作品で泣けないやつが、他人を泣かせる作品を作れるわけがない」と。わたしもどんどん泣いて、どんどん泣かせられるようがんばりますよ!

なお、ふにゃさんはこの「5分でわかるシリーズ」で、作詞以外にも以下の2作を公開されています。ぜひ見ていってください。

« オリジナル2曲目です | トップページ | VOCALOIDのVELパラメータについて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584751/54816606

この記事へのトラックバック一覧です: クリエイターとして:

« オリジナル2曲目です | トップページ | VOCALOIDのVELパラメータについて »