フォト

TL

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« はじめてのミクさんソロ作品はミクの日! | トップページ | FLちゃんと仲良くしよう »

2014年3月15日 (土)

フリープラグインのご紹介パート1

こんにちは、ナチュラルPです。最近妙に更新してますね(笑 動画が進まないゆえの逃避行動ではありませんよ。ありませんったら!

さて、今日はフォロワーさんから「何かおすすめのフリープラグインはありませんか?」と質問をいただいたので、自分が愛用しているもののうち、あまり他で紹介されてないものをここで取り上げたいと思います。「知ってるよそんなの」という方もいらっしゃるかも知れませんが、その場合はフッと鼻で笑ってやってください。


1. Sleepy-Time DSPの全部

Sleepy-Time Records Free Regacy Bundleというプラグイン詰め合わせと、LISPというディエッサを後悔しています。バンドルの方に入っている「STEREO CHANNEL」というプラグインは、たぶんVUメータがメインだと思うのですが、LR、MSの独立したパン、それぞれのミュート、極性反転、ステレオ反転、ゲイン調整などが可能で、DAWのチャンネルストリップがMS対応に拡張されたかのような使い方が出来ます。ちょっとセンターだけ減らしたい、ってときに刺したりしてます。こちらのバンドルはWindows専用VST2(32/64)です。また、LISPの方はいわゆるディエッサーなのですが、アタック、リリースや感度、適用周波数帯などが可変なので、細かい調整が可能です。こちらもWindows専用VST(32/64)で、VST2、VST3両対応となっています。

URL:http://sleepytimedsp.com/


2. MeldaProduction MFreeEffectBundle

有償のプラグインメーカですが、いくつかのプリミティブなエフェクトプラグインをバンドルしたフリー版があります。フリー版といえども、23ものプラグインが入っていて、かつ、MS処理にも対応しています。また、49ユーロ払うとアップグレードができて、アップサンプリングに対応したり、プリセットの保存が出来たり(DAWによるトータルリコールはフリー版でももちろん対応してますが、名前つけて保存とかが出来ない、ってことですね)といった拡張がなされます。特に、スペクトラルアナライザ画面にソノグラムモードがつくっていうのが大きいです。というか、自分はそのためだけに49ユーロ即払でした(笑 有償のプラグインの方もかなり独特かつ有用そうなものが多いので、気に入ったら買ってみるといいでしょう。すべて体験版がありますし、しょっちゅうセールしてます。こちらのメーカーは全プラグインがWindows(32/64) VST2、3、MacOS(VST2,3,AU)となっています。

URL:http://www.meldaproduction.com/plugins/product.php?id=MFreeEffectsBundle


3. Futurecraft Kailatune

Kairatuneというモノシンセを公開しています。Sawtooth~Squareの連続変化タイプオシレータを使用した、減算型のバーチャルアナログシンセですが、独特のモジュレーションが実装されているため、一味違った感じの音がします。他のシンセでもモジュレーションマトリックス駆使すれば出来るかもですが、少ないつまみでぐいぐい変化するのがポイント。これでポリフォニックなら有料でも欲しい! わかりやすいビデオチュートリアルがありますが英語。Windows(32/64)ならびにMacOSのVST2、Mac用にはAUもあります。

URL:http://futucraft.com/category/kairatune/


4. Ample Sound AGML

ギター音源を販売しているメーカですが、フリー版のAGMLというプラグインを公開しています。Martin D-41アコースティックギターをサンプリングした製品版「AGM」のライトバージョンという位置付けになります。AGMが3842サンプル、5.59GBに対してAGMLは668サンプル、670MBということでかなり数値だけ見ればかなりしょぼい感じがしてしまいますが、これはAGMLが開放弦と4フレットまでしか使えないこと、アーティキュレーションがサステイン、ハンマリングオン、プリングオフ、パームミュート、ポッピングの5種類(AGMは10種類)に限られているからです。他にも細かい制限はありますが、音の良さは製品版譲りで、ローコードだけ使うのであれば全然使えます、というか自分の最近の曲でアコギはほとんどこれです(笑 いつか製品版を買いたいと思ってますが、AGMは169ドルと結構いいお値段なのですよねー・・・ Windows/MacOS両対応で、VST3こそ対応していないものの、VST2,AU,RTAS,AAXと多彩な環境で使えます。もちろん64ビットでも。

URL:http://www.amplesound.net/en/pro-pd.asp?id=7


というわけで、とりあえず4つ紹介してみました。他にも紹介したいものはあるのですが、文章書くのに疲れました。気が向いたらまたやりたいと思います。有料プラグインについても、ね。

« はじめてのミクさんソロ作品はミクの日! | トップページ | FLちゃんと仲良くしよう »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584751/59293975

この記事へのトラックバック一覧です: フリープラグインのご紹介パート1:

« はじめてのミクさんソロ作品はミクの日! | トップページ | FLちゃんと仲良くしよう »